腸内環境改善のためにはオリゴ糖が一番

腸内環境の改善方法は、いろいろありますよね。

 

ヨーグルトを食べる、乳酸菌サプリを摂取する、オリゴ糖を摂取する、食物繊維を摂取する、その他の食生活も見直す、運動をする、規則正しい生活をする、ストレスを軽減・解消する、などなど・・・

 

しかし、この中でも特に腸内環境改善に効果があるのが、「オリゴ糖」です。

 

オリゴ糖は善玉菌を増やす

なぜ、オリゴ糖が「腸内環境改善に特にいい」と言えるのかというと、「善玉菌を物理的に増やすのにとても効果的」という事実があるからです。

 

なぜなら、オリゴ糖は「悪玉菌にとって好物ではないが、善玉菌にとっては大好物なので、そのほとんどが善玉菌によって消費され、オリゴ糖をエサにした善玉菌はどんどん繁殖していく」という形で、腸内を善玉菌優位に持っていけるからなのです。

 

ちなみに、「善玉菌を増やす」と言えば、生きて腸内まで届く乳酸菌なども有名ですが、あれって実は、「生きて腸まで届いた乳酸菌がそのまま腸に定着して増える」というわけではありません。
食べ物から摂取した乳酸菌は、そこで増えることはなく、寿命を迎えると死んでしまうんですよ。

 

これは、腸内細菌研究の国内第一人者と言われる光岡知足氏も認めており、「生きた菌が腸まで届き増殖することはない、というのは実験でも証明されている」という趣旨の発言をしています。

 

もちろん、「だったら乳酸菌を摂ってもムダ」というわけではなく、死んだ乳酸菌は腸内に生息する善玉菌のエサとなって、その増殖に貢献してくれます。

 

ですが・・・「善玉菌のエサ」というなら、オリゴ糖のほうが十分な量を摂りやすいですよね。
乳酸菌をたっぷり摂ろうと思うとコストがすごいことになりますが、それに比べて、オリゴ糖はかなりお手頃価格と言えます。

 

この「善玉菌を増やすためのエサとして、手軽に十分な量が摂りやすい」という点が、オリゴ糖をおすすめする大きな理由なのです。

 

 

私自身のオリゴ糖体験

実は私自身、かつてはオリゴ糖の存在など頭になく、その他の手段で腸内環境改善を目指していました。
特に、ヨーグルトや乳酸菌サプリ等の摂取は、かなり意識的にやっていたと思います。

 

しかし、血液検査の結果は悪化こそしないものの、ほぼ横ばい。
便通や便の状態も「まあ、それほど悪くはない」というぐらいの状態でした。

 

もっと効果が出るものはないか、と思って、一度オリゴ糖を「だまされたつもりで」試してみたのですが、これが本当に「腸内が何か変わってきている」という実感が一番あったのです。

 

最初の数日はガスが増えたのですが、ガスの臭いが徐々にに臭くなくなり、それと同時に便通と便の状態も良くなってきました。
「ああ、これは腸内環境が良くなってきているな」と思いましたね。

 

良好な便通が続き、おなかに今までにないスッキリ感を感じるようになって5ヵ月経過ほど経過したころの血液検査では、血糖値・中性脂肪・悪玉コレステロール値すべてに改善効果が見られたのです。

 

このことがあり、私も「腸内環境が良くなると血糖値等の血液の状態も良くなる、そしてよい結果を出すにはオリゴ糖が一番効果的」と思えるようになったのです。

血糖値対策にオリゴ糖記事一覧

オリゴ糖が血糖値改善に役立つ理由と言えば、「血糖値に大きく関係している腸内環境を、効率よく改善することができる」というのがまず挙げられますが、それだけではありません。オリゴ糖は他の糖分と比べて圧倒的に「血糖値の急上昇が起こりにくい・起こらない糖分である」という点も、見逃せないメリットですよ。オリゴ糖はGI値が低い!血糖値が気になる人ならご存知でしょうが、食事等で血糖値の急上昇を起こさないためには「...

「食事で血糖値を急上昇させないためには、砂糖の代わりに低GIであるオリゴ糖を使うのが効果的」と言えますが、実は糖類の中で、オリゴ糖に匹敵するレベルの低GIとなるものがあります。それは・・・サッカリン・アスパルテーム・アセスルファムK・スクラロースなどの人工甘味料です。これらの人工甘味料もGI値は10程度と言われており、本当にオリゴ糖と互角の低GIとなっています。では、血糖値改善のために、オリゴ糖で...

血糖値に深く関わる腸内環境を改善することで、血糖値の改善にもつながる効果が期待できるオリゴ糖。「オリゴ糖シロップを料理にうまく活用し、粉末オリゴ糖を健康サプリ代わりに利用する」というのがおすすめの摂取法ですが、粉末オリゴ糖の摂取タイミングはいつがいいのでしょうか?粉末オリゴ糖メーカーの見解は?まず、粉末オリゴ糖を製造販売しているメーカーの見解を見てみると「特に決まりはございません。お好みに合わせて...

TOPへ