どんなオリゴ糖商品を選べばいい?

オリゴ糖は血糖値に深く関わる腸内環境を改善するために、高い効果が期待できるありがたい存在ですが、より高い効果を期待するためには、どんなオリゴ糖商品を選べばいいでしょうか?

 

複数のオリゴ糖を使ったものがおすすめ!

数あるオリゴ糖商品の中で、特に腸内環境改善・血糖値改善に役立つと考えられるのが、
「単一のオリゴ糖ではなく、複数のオリゴ糖を使ったもの」です。

 

具体的な例としては、5種類のオリゴ糖を使った「はぐくみオリゴ」や、3種類のオリゴ糖を使った「カイテキオリゴ」などが挙げられます。

 

なぜ、複数のオリゴ糖を使ったもののほうがおすすめなのかというと「オリゴ糖の種類が豊富なほうが、幅広い善玉菌に対応できる可能性が高い」と言えるからです。

 

私たちの体内に生息する善玉菌にはいろんな種類がありますので、「善玉菌はオリゴ糖が好物」と言っても、善玉菌の種類によって、オリゴ糖自体の好みも違ってくることが考えられます。

 

ですから、配合されているオリゴ糖の種類が多ければ多いほど、「幅広い善玉菌にとっての大好物になりやすい」と言えるわけです。
単に善玉菌を増やす効果だけでなく、「善玉菌内の偏りを無くす」という意味でも、有用性が期待できるのです。

 

 

単一のオリゴ糖ならラフィノース

 

というわけで、腸内環境改善・血糖値改善のためのオリゴ糖商品の最大のおすすめは「複数のオリゴ糖が使われているもの」ということになりますが、あえて単一のオリゴ糖の中から選ぶ、という場合は、「ビートオリゴ(ラフィノース)」をおすすめします。

 

ビートオリゴは、オリゴ糖の中でも特に胃酸や消化酵素に強く、「消化吸収されることなく大腸に達する」という点で、腸内での活用率の高さがすぐれています。

 

また、善玉菌の代表格のひとつであるビフィズス菌はビートオリゴを強く好む傾向があると言われていますので、「善玉菌の中の代表的勢力を強くできる」という効果も期待できますよ。

TOPへ