血糖値コントロールのための、運動の必要性

血糖値をうまくコントロールするためには、適度な運動も必要です。

 

しかし、「血糖値をコントロールするためには、別に運動しなくたって、食事さえ工夫すればいいのでは?」と思われるかもしれませんね。

 

なぜ、運動が必要になるのでしょうか?その理由についてお話ししましょう。

 

運動不足だとインスリンの働きが悪くなる!

なぜ、血糖値コントロールのために運動が必要なのかというと
「運動不足の状態は、インスリン抵抗性(インスリンの働きが悪くなること)を引き起こす」という事実があるからです。

 

運動不足の状態では、ブドウ糖がきちんと消費しきれず、残ったブドウ糖は中性脂肪に変えられ、それが皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積されていくのですが、実はこの脂肪細胞から、インスリン抵抗性を引き起こす物質が出てしまうんですよ。

 

インスリン抵抗性があると、インスリンの働きが悪くなるため血糖値が高まりやすくなるという悪循環を生み出してしまいます。
それを防ぐために、適度な運動によって血中のブドウ糖をきちんと消費するように仕向けることが大切なのです。

 

運動で糖代謝を活性化できる!

運動をすることは「糖代謝を活性化させ、
ブドウ糖の消費率を上げる」というメリットにもつながります。

 

ブドウ糖をしっかりと消費するために、筋肉にブドウ糖を取り込んでエネルギーとして消費するための物質「GLUT4(グルットフォー)」が重要な役割を果たすのですが、このGLUT4を増やすのに必要なのが、運動なのです。

 

GLUT4を効率よく増やすための運動のコツは、「有酸素・筋トレ・ストレッチの3種類の運動を組み合わせる」ということです。

 

たとえば「ウォーキング+床にあおむけに寝て足を上げる運動+伸び運動やアキレス健ストレッチ」という感じの組み合わせなどがおすすめと言えるでしょう。

 

ちなみに、実はラジオ体操は、この3種類の運動すべての要素を含んでいるすぐれた体操ですので「1日2回、ラジオ体操をしっかりマジメにやる」というのもおすすめですよ。

TOPへ